肩や背中の脱毛って硬毛化しない?

肩や背中の脱毛って硬毛化しない?

肩や背中の脱毛って硬毛化しませんか?

★★おススメ★★
肩(背中)の脱毛(一回)と両脇(何度でも脱毛し放題)、Vライン(何度でも脱毛し放題)がセットになって1000円(追加料金などほかの費用は一切ナシ)

 

もし初回の肩や背中の脱毛で効果があると感じて継続する場合も今なら半額キャンペーンが適用されるのでかなりオトクに!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 

Q;肩や背中の脱毛って硬毛化しませんか?
うぶ毛がかなり生えているのですが背中や肩の脱毛って硬毛化の恐れもあるとききました。
大丈夫でしょうか?

 

A:心配ならTBCの電気美容脱毛で、安くしたいのであれば・・・

 

TBCはHPに料金の記載がないのですが、これは単純に費用が最終的に高くなるからです。

 

脱毛ではまれに産毛が硬毛化する場合があります。
硬毛化とは細く薄かった産毛が腕や足などに生えている毛の様に濃くなってしまうことを言います。
硬毛化の原因ははっきりとはわかってはいませんが、レーザーや光などの刺激によって毛が成長したのではないかと考えられています。
毛は元々外部の刺激から体を守るためのものです。人間は服を着るようになったので自然と体毛が薄くなっていきましたが、毛の機能は変わりませんので、なんらかの刺激があると濃くなってしまう可能性があるのです。

 

誰もがなるわけではなくごく一部の人だけですが、可能性はゼロではありませんので、どうしても硬毛化を防ぎたいのであれば脱毛サロンや医療機関での脱毛は避けた方が良いかもしれません。

 

また、脇やVIOラインのような元々濃い毛の場合は元々硬い毛なので硬毛化になるリスクはありません。

 

脱毛にはメリットもあればデメリットもありますので、よく考えてすることが大切です。

 

脱毛の大きなメリットは自分で処置のできない背中や腕や足などの広範囲のところなどができることでしょう。
脱毛サロンの脱毛では永久に生えてこないとは断言できませんが、それでも以前よりも毛が少なくなるので、手入れがずっと楽になりますよ。
対してデメリットは施術による火傷や炎症、硬毛化などが起こる可能性があることです。
硬毛化は原因が特定されていませんので何とも言えませんが、火傷や炎症はレーザーや光の出力の強さなども関係してきます。
どの脱毛法でも火傷や炎症のリスクはありますが、レーザー脱毛やIPL脱毛などの細胞を攻撃するタイプの脱毛よりはジェルを塗って発毛を抑えるSSC脱毛の方が肌への負担が少なくなります。
脱毛はしたいけどできるだけリスクは抑えたい…という方にはSSC脱毛がいいでしょう。
レーザーなどに比べて肌に負担がかかりにくい分、効果も劣ってしまいますので、よく考えて選ぶといいかと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ